北京ダックはどこがおすすめ?地元で人気の美味しいお店

北京で絶対に食べたいのが北京ダックではないでしょうか。以前は北京ダックといえば「全聚徳」で、今でもガイドブックではかなり推していますが、地元の人たちはあまり行くことはありません。

なぜなら、北京にはもっと安くて美味しい北京ダックのお店がたくさんあり、反対に全聚徳よりも高級なお店も増えています。ちょっと中途半端な立ち位置になってしまったのが全聚徳の現状です。

お店もすでに老朽化が進んでおり、やや活気のない店舗が増えつつあります。

絶対に外したくないなら全聚徳も候補に入れてもいいかと思いますが、せっかく北京に行くなら、地元の人たちが好む北京ダックのお店を訪れてみましょう。ここでは地元で人気のお店を3店ご紹介します。

北京ダックとは

お店の紹介をする前に、とても基本的なところからお話しましょう。北京ダックの基礎知識です。

北京ダックは中国語で「北京烤鴨(Běijīng kăoyā)」と書きます。アヒルを炉で丸焼きにした料理で、通常はパリパリに焼かれた皮を薄餅と呼ばれる小麦粉で作られた薄皮に、調味料と混ぜていただきます。

  • 焼き加減
  • 脂の残り具合
  • 皮と肉の比率
  • 薄餅の厚みや味
  • 調味料の甜麺醤の味

北京ダックの味はこのバランスで決まります。それぞれ好みがありますので、人によって自分の好きな店が分かれるのが、北京ダックの面白いところです。

北京ダックは1羽もしくは半羽で売られています。4人くらいまでなら半羽で十分です。北京ダックはたくさん食べたくなるかもしれませんが、かなり脂っこいので2〜3切れで十分です。むしろそれ以上は罰ゲーム感が出てきます。

以前、1人北京ダックをしたときに半羽で注文しましたが、後半はただただ消費していくだけという……冷めると美味しさが半減するというのもあります。「足りないくらいがちょうどいい」と覚えておきましょう。

北京ダックの食べ方

北京ダックを注文して困るのが、食べ方が分からないということです。なんとなく見よう見まねで食べてもいいのですが、何も考えずに巻くとタレが流れ落ちてしまい服を汚してしまうことがあります。

そうならないためにも、基本となる食べ方を覚えておきましょう。

  1. 薄餅を利き手でない手のひらに乗せる
  2. 薄餅にタレを塗る
  3. 薄餅の上半分の中心にに具材を並べる
  4. 薄餅の下半分を折り返す
  5. 左右を巻いてかぶり付く

写真があれば良かったのですが、残念ながら撮っていませんので、下記サイトを参考にしてください。

北京ダックの包み方講座 | 丹甫シェフの妻のブログ

  • 1度にたくさん包まないこと
  • 北京ダックに砂糖を付けても美味しい

北京ダックの美味しいお店

前置きが長くなってしまいましたが、地元で人気の北京ダックが美味しいお店をご紹介していきます。

便宜坊烤鸭店

平均金額:130元/人

便宜坊烤鸭店は北京の人なら誰もが知っている超有名店です。一般的な北京ダックと違い、お肉の部分も一緒に食べるため脂がしつこくなくて、思ったよりもたくさん食べられるのが嬉しいところです。

北京のいたるところにお店がありますが、お店ごとに評判に差があります。評価の高いお店のうち、観光と合わせて行きやすいお店のリンクを貼っておきます。

空港からタクシーで10分のところにも店舗があります。出国前に時間があるという場合や、トランジットで待ち時間が長いという場合には、こちらもおすすめです。

四季民福烤鸭店

平均金額:150元/人

四季民福烤鸭店は圧倒的なコストパフォーマンスの良さで人気のある北京ダック店です。おすすめはもちろん北京ダックですが、炸醤麺も美味しく、炸醤麺専門店が前門にできているほどの人気料理のひとつです。

こちらも北京市内のあちこちにお店があり、便宜坊烤鸭店よりも観光地に近い場所にあるのが嬉しいところです。王府井だけでも3店舗ありますが、どのお店も行列になっていますので、待つ覚悟だけしておきましょう。

京味斋·北京牡丹烤鸭

平均金額:110元/人

京味斋·北京牡丹烤鸭は日本のガイドブックやインターネットなどで、ほとんど紹介されていないお店ですが、牡丹の花のように盛り付けられた北京ダックが美しく、その他の料理も素晴らしいお店です。

観光地にお店がないため、わざわざお店まで行かなくてはいけませんが、それだけの価値があります。北京のローカルな雰囲気を味わいたいのであれば、ぜひ訪れてみてください。

注文が不安ならレンタル翻訳機がおすすめ

中国語は発音がとても難しく、かなり慣れていないと言葉が通じません。ローカルなお店ですと言葉が通じませんので、かなり不安ですよね。でもローカルな人気店は本当に美味しいんです。

ですので、そういうときに困らないように、レンタル翻訳機を活用してください。翻訳機をレンタルしてくれるショップはいくつもありますが、おすすめは人気のポケトークをレンタルできるTripFeverです。

購入すると3万円近くするポケトークですが、レンタルなら数千円で済みます。

3日レンタル:2,680円
4日レンタル:3,380円
5日レンタル:4,080円

※受渡手数料もしくは配送手数料が500円かかります
※料金は税別です

もし仲間4人で行くなら1人1000円の出費で、言葉の壁を超えられます。中国人はこういうガジェットが好きですので、思わぬところで交流を図れたりします。空港での受取り、返却もできますのでぜひ活用してみてください。

下記バナーをクリックすると、TripFeverのレンタルサイトにアクセスできます。

まとめ

北京には北京ダックの美味しいお店がいっぱいあります。ガイドブックに載っていないような小さなお店でも、驚くほど美味しいということがよくあります。もし気になるお店にお客さんがたくさん入っているようなら、それはアタリです。

美味しいお店はめぐり合わせのようなものですので、ひとつのお店にこだわらず、自分の直感を信じてお店に飛び込んでみましょう。絶対に外したくないときだけ、ここでご紹介したお店を参考にしてください。