北京でSNSを使うためのSIMカードの選び方と注意点

中国ではLINEやFacebook、TwitterといったSNSを利用できません。このため、VPNを使うなどの工夫が必要になりますが、もしお持ちのスマホがSIMフリー端末であれば、香港のSIMカードの使用がおすすめです。

詳しい説明は省きますが、香港のSIMカードの中には香港と中国本土の両方で使えるものがあります。香港ではLINEやFacebookへの規制がないため、香港のSIMなら北京でも問題なくSNSを使うことができるというわけです。

でも香港SIMなんて、どこに売ってるのか分からないという人もいますよね。安心してください。香港のSIMカードはAmazonで販売しています。

ただ、Amazonにも香港SIMにもいくつかの種類があるので、迷ってしまうかも知れません。北京旅人でおすすめするのは、スタンダードなSIMカード「China Unicom 4G高速データ通信」です。

China Unicom 4G高速データ通信だけでもいくつかありますが、アマゾンプライムで購入できるものを選んでおけば間違いありません。自分で探せないという人は下記リンク先の商品をご購入ください。

上限が2GBで7日間利用できますので、通常の旅行であればこれ1枚あれば十分です。もし容量を使い切った場合には、クレジットカード決済で追加チャージも可能です。(追加チャージのサイトにアクセスするにはwi-fi環境が必要)

ただし、一部で追加チャージがうまくできないというケースがありますので、PC接続をする人などは1枚多く購入しておくようにしましょう。

SIMカードには有効期限(開通期限)がありますので、使わない場合には無駄になるかも知れませんが、それでも1枚1200円程度ですので、予備を持っておいて損はないかと思います。

利用するときの注意点

最新のスマホなら設定なしで、SIMカードを差し込めば利用できるよううになっていますが、古いスマホの場合には設定をしなくてはいけません。そのときの注意点が2つあります。

  1. APNに「3gnet」と入力する
  2. ローミングを「ON」にする

自動で接続されない場合には、APNとローミングの確認を行ってください。ローミングがOFFになっていて繋がらないというミスがよくありますので、注意しましょう。

また、iPhoneの場合で国内で格安SIMを使っている場合、設定してあるプロファイルを削除しないと通信できません。「設定」→「プロファイル」→プロファイルを選択→「プロファイルを削除」してください。

当然ですがスマホがSIMフリーでないと利用はできませんので、国内キャリアで購入したという人は、キャリアショップでSIMの解除をしてもらいましょう。